日経Automotive 2007/01号

新製品 for engineer
ECU最適化支援ツールの最新版 遺伝的アルゴリズム採用

 小野測器は、ECUマップ最適化支援ツールの新版「ORANGE4」を発売した。エンジン開発と試験の効率を高める。同志社大学が開発した多目的GA(遺伝的アルゴリズム)を採用したことで、エンジン設計における複数の目的に対するシミュレーションが可能。ユーザーは複数の最適点候補からの中から選択できる。(204ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:307文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > CAD/CAM/CAE
【記事に登場する企業】
小野測器
update:19/09/26