日経ホームビルダー 2007/01号

建材・設備ここで差がつく
床材と一体か分離か
床暖房

熱源や発熱方式など床暖房の種類は様々だ。なかでも大きな悩みどころは、施工の容易な床材一体型を選ぶか、床材の選択肢が多い分離型を選ぶかだ。 床暖房システムは1990年代後半から普及し始め、住宅における施工面積は、2002年をピークに、ここ数年は約460万m2で落ち着いている。床暖房の設置を標準仕様にしたハウスメーカーの戸建て住宅も珍しくなくなってきた。(68〜69ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1197文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建設資材・設備 > 住宅・商業建築・オフィス設備
建設・不動産 > 建設・建築 > 住宅・商業建築・オフィス設備
update:19/09/27