日経パソコン 2007/01/08号

日経パソコンオンラインニュース
「コア数競争には参加せず」—AMDの将来戦略
Vistaへの移行は早い、今後は目的に特化したCPUコアの投入が重要になる

米AMDのワールドワイドセールス/マーケティング最高責任者のヘンリー・リチャード氏は2006年12月20日、2006年の総括とともに2007年の戦略や将来投入予定の新製品について説明した。今後は単にCPUコアの数を増やすのではなく、目的に特化したCPUコアの投入が重要になるなどと語った。 2006年は企業向け分野で大きな成果があったという。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1027文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > CPU・マイコン
【記事に登場する企業】
米AMD社
update:18/07/30