日経パソコン 2007/01/08号

新製品(ハード)
きょう体を2割小型化した 書画カメラ付きプロジェクター
日本アビオニクス

 「iP−30B」は、書画カメラ機能付きデータプロジェクター。撮像方式を従来品の液晶方式からDLP方式に替え、きょう体の体積を従来品より2割減らした。自動台形補正機能、黒板投射用の色補正機能、内蔵バッテリーで冷却ファンを駆動させる機能を備える。パネル画素数は1024×768ドット、輝度は2500ルーメン。書画カメラはA4判の投射が可能で、25倍のデジタルズーム機能付き。(27ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:320文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > ディスプレイ > プロジェクタ
【記事に登場する企業】
日本アビオニクス
update:18/07/30