日経SYSTEMS 2007/03号

特集1 プロジェクトの記録を残そう
PART 1 なぜ過ちを繰り返すのか?
残した記録は“現場の資産”経験をノウハウにつなげる

 リカバリに時間がかかるので開発作業が遅延することが確実になった。このプロジェクトを終えた今,大木氏は肩を落とした理由をこう振り返る。 「前回のプロジェクトでも,同じメンバーで同じ不具合を経験していたんです。それを回避する設計は分かっていたはず。なのに,また同じミスを繰り返してしまった。それがとても残念だったのです」。(20〜22ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4058文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 扉(19ページ掲載)
プロジェクトの記録を残そう
特集1 プロジェクトの記録を残そう(20〜22ページ掲載)
PART 1 なぜ過ちを繰り返すのか?
特集1 プロジェクトの記録を残そう(23〜31ページ掲載)
PART 2 記録マスターへの道
特集1 プロジェクトの記録を残そう(32〜36ページ掲載)
PART 3 完了報告書の作り方
特集1 プロジェクトの記録を残そう(38〜39ページ掲載)
PART 4 異業種に学ぶ:建築業
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > その他(システム設計・開発)
update:19/09/25