日経SYSTEMS 2007/03号

プロダクト 知る・選ぶ・使う 不正の検出に使える「ログ解析ツール」
異機種のログを横ぐし検索収集項目の指定に差あり
不正の検出に使える「ログ解析ツール」

情報漏洩事件の原因分析や内部統制に効果を発揮異なるフォーマットのログを一元的に格納するデータ項目の指定やサーバーの拡張性,セキュリティ機能に注目しよう アクセス履歴である「ログ」を収集しているシステム管理者は多い。システムへの外部からの攻撃や内部からの情報漏洩といった事件が発生した際に,犯人を特定する強力な手がかりとなるからだ。(102〜107ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5795文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
update:19/09/25