日経パソコン 2007/02/26号

日経パソコンオンラインニュース
ロジテックのハードディスク68台にウイルス混入
Windowsパソコンに接続すると感染、パソコンを乗っ取られる恐れあり

ロジテックは1月16日以降に出荷した3.5型外付けハードディスクユニットの一部に、コンピュータウイルスが含まれていることを、1月29日に明らかにした。Windowsパソコンを接続するとそのウイルスに感染し、攻撃者にパソコンを乗っ取られる恐れがある。同社では該当製品のシリアル番号やウイルスの駆除方法などを公開。未使用の該当製品については回収・交換する。(21ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:899文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン・デジタルギア用記憶装置 > ハードディスクドライブ・NAS
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > コンピュータウイルス・対策
【記事に登場する企業】
ロジテック
update:18/07/30