日経パソコン 2007/02/26号

日経パソコンオンラインニュース
日本音楽著作権協会らがYouTubeと協議
違法コンテンツ対策を示す

社団法人である日本音楽著作権協会(JASRAC)など著作権関連23団体は2月6日、米国の動画投稿サイト「YouTube」の幹部と、同サイトに流通する違法コンテンツについて防止策を協議したと発表した。 23団体が事前に申し入れていた対策は、?サイトのトップページに著作権に関する日本語の告知を掲載する?投稿するユーザーには個人情報を登録させる?違法動画を投稿したユーザーのアカウ…(24ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:374文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > マルチメディア配信 > 音楽・映像配信
ビズボードスペシャル > 知的財産・特許 > その他(知的財産・特許)
【記事に登場する企業】
日本音楽著作権協会
米ユーチューブ社
update:18/07/30