日経パソコン 2007/02/26号

新製品(ハード)
HDCPに対応する 普及タイプの22型横長液晶
日本サムスン

 「SyncMaster 225BW-R」は、22型横長液晶ディスプレイ。解像度は1680×1050ドット。応答速度は5ミリ秒と高速で、動きの速い映像でも残像やボケを抑え輪郭をくっきりと表示できるという。映像インタフェースはアナログRGB端子およびDVI-D端子の2系統を装備。DVI-D端子はHDCPに対応する。視野角は水平、垂直共に160度。マウス操作で画質を補正できるソフトが付属する。(31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:322文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > ディスプレイ > 液晶ディスプレイ
【記事に登場する企業】
日本サムスン
update:18/07/30