日経SYSTEMS 2007/04号

特集1 仕事の見える化 現場の改善
PART 2 トヨタ式改善をITの現場に生かす
業務のムダをそぎ落とすカンバン,自働化,アンドン

今や改善活動の代名詞となっている「トヨタ式改善」。本来は製造業の改善手法だが,ITの現場でも利用価値が高い。実際に導入して業務のムダをそぎ落とした三つのケースを紹介する。 カンバンをはじめとする「トヨタ式改善」注1は,もともと製造現場で培われた改善手法だが,今ではすかいらーくや中部国際空港,日本郵政公社など業種を問わずに導入が進んでいる。(34〜39ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7596文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 仕事の見える化 現場の改善(19ページ掲載)
仕事の見える化現場の改善
特集1 仕事の見える化 現場の改善(20〜22ページ掲載)
総 論 自分たちの手で現場を変える
特集1 仕事の見える化 現場の改善(23〜33ページ掲載)
PART 1 とん挫しない改善活動の進め方
特集1 仕事の見える化 現場の改善(34〜39ページ掲載)
PART 2 トヨタ式改善をITの現場に生かす
特集1 仕事の見える化 現場の改善(40〜43ページ掲載)
PART 3 メンバーの改善意欲を高める
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > IT関連スキルアップ・資格 > ITスキル
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ITスキル
update:19/09/25