日経SYSTEMS 2007/05号

講座 Windowsサーバー なぜこれができな
第2回 情報漏洩を効率的に防ぎたい どこから,どうして漏れるのかその要因を知り対策打つ

サーバーから情報を抜き取られる「情報漏洩」はシステム管理者にとって頭の痛い問題だ。効率的な対策を打つには,ユーザーやネットワークといった,漏洩の要因を押さえることが第一。その上で,アクセス・ログやアカウント,アクセス制御リストなどをうまく運用する必要がある。第2回は,Windowsの基本機能を活用した,効率的な情報漏洩対策を解説する。(122〜127ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7956文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
情報システム > サーバーOS > Windowsサーバー*
update:19/09/25