日経ビジネス 2007/05/07号

心と体 医の雑学 パーソナルライフ
ヒポクラテスの誓い

 私立探偵、フィリップ・マーロウが登場するレイモンド・チャンドラー氏の『長いお別れ』(清水俊二氏訳)が、村上春樹氏の再訳で『ロング・グッドバイ』として刊行された。今回もマーロウのシニカルな会話を堪能できるが、その1つが、意識を失った男を前にして、手当てをしようともしないドクターに、マーロウが「あなたが『ヒポクラテスの誓い』という短い一文を最後に目にしてから…(57ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:713文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > その他(医療・バイオ) > その他(医療・バイオ)
update:19/09/24