日経ビジネス 2007/05/07号

特集 買収無残 成功幻想が社員をつぶす
買収無残 成功幻想が社員をつぶす

自分たちのやり方を強引に押しつける買う側の驕りが、買われた会社の社員を押しつぶす。その結果、会社の収益力まで棄損してしまう。買収無残──。これから始まる大買収時代、それは誰にとっても他人事ではない。(24〜25ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:345文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 買収無残 成功幻想が社員をつぶす(24〜25ページ掲載)
買収無残 成功幻想が社員をつぶす
特集 買収無残 成功幻想が社員をつぶす 第1章(26〜31ページ掲載)
社員は見た 世紀の大合併失敗のなぜ?
特集 買収無残 成功幻想が社員をつぶす 第2章(32〜35ページ掲載)
ブリヂストン・ファイアストンの19年 成功への道は「譲らず」「驕らず」
特集 買収無残 成功幻想が社員をつぶす 第3章(36〜41ページ掲載)
欧米よりも BRICsに買われる幸せ
特集 買収無残 成功幻想が社員をつぶす 第4章(42〜43ページ掲載)
本誌独自調査 みずほもJALも沈んだ 合併から3年、成功は5割
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 合併・吸収
update:19/09/24