日経ビジネス 2007/05/07号

小さなトップランナー 企業
ワーロン(和紙入り装飾樹脂板の製造・販売) モノ作りの力で和の伝統守る

 日本全体で和室の数が減り続けている。いすとテーブルを使う生活スタイルが一般的になったことが最大の原因だ。さらに、畳の交換や障子紙の張り替えなど、メンテナンスに手間がかかることも和室離れを加速させている。そんな中、その“面倒くささ”をチャンスに変えた企業がある。 JR名古屋駅から車で5分ほどの下町に本社を置くワーロンがそれだ。(98〜99ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2964文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
車・機械・家電・工業製品 > 素材・部材 > その他(車・機械・家電・工業製品の素材・部材)
ビズボードスペシャル > 素材 > その他(車・機械・家電・工業製品の素材・部材)
【記事に登場する企業】
ワーロン(名古屋)
update:19/09/24