日経パソコン 2007/05/28号

特集 メールの作法2007
発表! 今どきのメールの常識

 ビジネスツールとしてのメールの存在感は増すばかり。その一方で、利用者が守るべきルールや作法はあいまいなままだ。自分ならではの流儀を通している人が多いのが実情だろう。 その流儀がメールの相手と合致していればよいが、相違したときに悲劇は起こる。受け取ったメールが無礼だと腹を立てたり、逆に他人からおしかりを受けたりした経験がある人も少なくないはずだ。(48〜57ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:12315文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 メールの作法2007(46〜47ページ掲載)
メールの作法 2007
特集 メールの作法2007(48〜57ページ掲載)
発表! 今どきのメールの常識
特集 メールの作法2007(58〜67ページ掲載)
添付ファイル編 ファイルの添付は相手に配慮して
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン用ソフト > インターネット関連ソフト
update:18/07/30