日経ビジネス 2007/06/18号

特集 粉飾連鎖 彼らはこうして闇に落ちた 第2章
銀行、不作為の罪 「会社のため」が会社を壊す

 2007年7月、カネボウは120年間使い続けた「カネボウ」の看板を下ろし「クラシエ」に社名を変更する。カネボウ化粧品を花王に売却し、本体はカネボウを名乗れなくなった。経営トップが主導した粉飾決算が名門企業を解体に追い込んだのだ。(34〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5562文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 粉飾連鎖 彼らはこうして闇に落ちた(26〜27ページ掲載)
粉飾連鎖 彼らはこうして闇に落ちた
特集 粉飾連鎖 彼らはこうして闇に落ちた 第1章(28〜33ページ掲載)
加ト吉 千億円水増しの“主犯” 10年間、落ち続けた男の深層心理
特集 粉飾連鎖 彼らはこうして闇に落ちた 第2章(34〜37ページ掲載)
銀行、不作為の罪 「会社のため」が会社を壊す
特集 粉飾連鎖 彼らはこうして闇に落ちた 第3章(38〜39ページ掲載)
会計士が落ちた罠 中央青山幹部の告白
特集 粉飾連鎖 彼らはこうして闇に落ちた 第4章(40〜42ページ掲載)
“見積もり会計”が挫折を招く デフレが不祥事続出の引き金に
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > その他(財務)
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
【記事に登場する企業】
海岸ベルマネジメント
三洋電機
update:19/09/24