日経ビジネス 2007/06/18号

ひと劇場 人 再挑戦の軌跡〈7〉
古田 貴之 氏[千葉工業大学 未来ロボット技術研究センター所長] ロボット博士の見る未来

 JR津田沼駅前にある、千葉工業大学の津田沼キャンパス。今、ひときわ熱気に満ちている学科がある。2006年4月に誕生した工学部未来ロボティクス学科だ。学生も教授も、朝から晩までロボット漬けの生活を送る。睡眠不足で頭も体もふらふらになりながら図面を引き、プログラムを打ち、夢中になってロボットを組み立てている。(110〜112ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5166文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > ロボット > その他(ロボット)
【記事に登場する企業】
千葉工業大学
未来ロボット技術研究センター
update:19/09/24