日経ビジネス 2007/06/18号

ビジネス世論 オピニオン
“赤ちゃんポスト”設置の是非 「賛成」が約6割

 親が育てられない新生児を受け入れるために熊本市の慈恵病院が設置した「赤ちゃんポスト」(こうのとりのゆりかご)に、3歳と見られる男児が預けられていたことが明らかになった。命のセーフティーネット(安全網)か、育児放棄を誘発する装置か。ポスト設置の賛否を聞いたところ、賛成が58.5%で過半数を占めた(詳しい調査結果はインターネットでご覧になれます)。(136ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1298文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 社会 > 社会全般
update:19/09/24