日経ビジネス 2007/07/02号

時流超流・トレンド
猛暑商戦いざ本番 キリン、三菱電機、ローソン…、相次ぎ先手 スピードが夏を制する

 6月11日、気象庁は猛暑予報を発表、太平洋赤道域の海水温度が低下する「ラニーニャ現象」の発生により、日本列島は猛暑となる可能性が高まっている。「7〜9月の気温が1度上昇すると、国内総生産は4400億円押し上げられる」。第一生命経済研究所経済調査部の永濱利廣・主任エコノミストはこう試算する。(6〜7ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3110文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 卸・小売サービス > その他(卸・小売サービス)
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
update:19/09/24