日経SYSTEMS 2007/08号

講座 システム基盤 きほんのき
[第5回] システム運用管理を作り込む
運用工程に「安定」を注入しトラブルを食い止める

システム・トラブルに備えた復旧手段や,運用負荷を軽減する仕組みを,システム基盤に作り込んでおく。中心となる管理項目は,「運用監視」「ジョブ管理」「バックアップ管理」の三つ。目的に応じた技術を選び,工程に沿って実装することで,システム基盤の品質を向上させよう。中山 伸 NTTデータ先端技術 ソリューション事業部 今回のテーマは,システム運用管理です。(124〜129ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7467文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム運用管理 > システム運用手法*
update:19/09/25