日経ドラッグインフォメーション 2007/08号

特集 対人サービスのプロに聞く 「困った患者」
「困った患者」への対  応術
対人サービスのプロに聞く

  病院や薬局などの医療提供施設は、これまで、サービス業としての自覚が希薄な中で業務を行ってきた。しかし、健康保険料の引き上げや自己負担額の増加などを受け、患者は医療を「対価を支払うサービス」と認識するようになってきている。 こうした情勢の変化により、薬局にも、これまでにはなかったタイプの苦情や質問が寄せられることが増えてきた。(18〜19ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:995文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 対人サービスのプロに聞く 「困った患者」(18〜19ページ掲載)
「困った患者」への対  応術
特集 対人サービスのプロに聞く 「困った患者」(20〜21ページ掲載)
パターン 1
特集 対人サービスのプロに聞く 「困った患者」(22〜23ページ掲載)
パターン 2
特集 対人サービスのプロに聞く 「困った患者」(24〜25ページ掲載)
パターン 3
特集 対人サービスのプロに聞く 「困った患者」(26〜28ページ掲載)
座談会
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > その他(バイオ・医療トラブル)
update:19/09/27