日経ドラッグインフォメーション 2007/08号

DI BOX
管腔への排泄が滞り薬効が増強 ジギタリス製剤はCa拮抗剤との併用で中毒発現も
● 相互作用ノート ●  P糖蛋白質の阻害による相互作用

カルシウム拮抗剤などP-gpと親和性の強い薬剤との併用で、中毒症状が発現する危険性がある。 生体膜に存在して、薬物の輸送を担う酵素を「薬物トランスポーター」という。薬物トランスポーターの構造・機能は多岐にわたり、薬物の吸収・分布・排泄に極めて重要な働きを持つことが、近年わかってきた。(42〜45ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3223文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > 処方・服薬
update:19/09/27