日経パソコン 2007/08/13号

新製品(ハード)
ThinkPadの最上位モデル「T61p」が登場
レノボ・ジャパン 携帯電話機能を内蔵したX61、X61sも

 「ThinkPad T61p 6459-5BJ」(写真)は、15.4型横長液晶(1920×1200ドット)を備えたノートパソコン。グラフィックスチップに米エヌビディアの「Quadro FX 570M」を採用し、高速な描画を可能にしている。CPUはCore 2 Duo T7700(2.4GHz)、メモリーは1GB、HDDは160GBという構成でOSはWindows Vista Ultimateを搭載している。Windows XPを搭載した法人向けモデルもある。(29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:780文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン本体・ホームサーバー > Windowsノートパソコン・タブレットPC
【記事に登場する企業】
レノボ・ジャパン
update:18/07/30