日経ビジネス 2007/09/10号

時流超流・トレンド
世界の素材、日本車に秋波 日産・ポスコ合弁に見る「外資の事情」

 鉄鋼世界4位の韓国ポスコが日産自動車と合弁で自動車用鋼板の加工拠点を川崎市に開設する。2008年5月の稼働を予定しており、加工能力は年12万トン。日本の鉄鋼メーカーは「(国内鉄鋼大手と自動車メーカーとの取引に)それほど大きな影響はないだろう」と冷静な反応を示しているが、ポスコは日産との関係強化で高級鋼の事業拡大に新たな橋頭堡を築く考えと見られる。(13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1609文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 素材・部材 > 金属材料
ビズボードスペシャル > 素材 > 金属材料
【記事に登場する企業】
日産自動車
韓国・ポスコ社
update:19/09/24