日経ビジネス 2007/09/10号

お金の学校 架空請求詐欺 パーソナルライフ
裁判所からの通知以外は原則無視を

 身に覚えのない出会い系サイトの利用料や年金未納分の督促、家賃の振込先の変更など、様々な口実でお金を振り込ませる架空請求詐欺。金銭請求の文書を電子メールやはがき、封書、電報などで送ってくるため、「身に覚えはないが不安」「どうしたらいいのか」といった相談が、全国の消費生活センターに寄せられている。(81ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1616文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 社会 > 事件・犯罪・防犯
update:19/09/24