日経ビジネス 2007/09/10号

技術フロンティア フィーチャー
薄膜太陽電池 ホンダ、アルバック、シャープ 技術革新で新勢力が台頭

急拡大する太陽電池市場で、薄膜型の太陽電池が注目を集めている。高騰するシリコン材料を不要にしたり、使用量を激減させたりできるからだ。装置を一括購入すれば製造が容易で、台湾勢などが続々と参入する。 部品や材料メーカーを含めた総投資額は1兆円——。シャープが2010年3月期の稼働を目指して大阪府堺市に建設する新工場が注目を集めている。(140〜142ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3763文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > 電池
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > 電池
【記事に登場する企業】
アルバック
シャープ
ホンダ
update:19/09/24