日経ホームビルダー 2007/10号

特集 建築確認 混乱の乗り越え方
こんな建物に気をつけろ

法改正は建築確認・検査制度全体の見直しに発展した。事前相談の解禁などにより、4号建築物の混乱は徐々に収まりつつあるが、4号以外の建物の申請では、今後も混乱が予想される。まだ確認窓口の混乱や、運用上の不明点が残る「気をつけるべき住宅」のタイプごとに、9月8日時点で確認できた最新の注意点をお伝えする。(38〜41ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2486文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 建築確認 混乱の乗り越え方 扉(33ページ掲載)
建築確認 混乱の乗り越え方
特集 建築確認 混乱の乗り越え方(34〜37ページ掲載)
着工の遅滞が顕在化国交省は「円滑化を急ぐ」
特集 建築確認 混乱の乗り越え方(38〜41ページ掲載)
こんな建物に気をつけろ
特集 建築確認 混乱の乗り越え方(42〜53ページ掲載)
1分でわかる 建築基準法改正の現実
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 規格・法令・資格(建設・不動産) > 建設・不動産関連の規格・法令
ビズボードスペシャル > 法令 > 建設・不動産関連の規格・法令
update:19/09/27