日経ビジネス 2007/09/24号

時流超流・トレンド
総務省、通信・放送融合への橋頭堡に TV電波で携帯使える特区

 総務省は来年1月、電波を使った新しい通信・放送サービスの開発を促す「ユビキタス特区」を立ち上げる。北海道や沖縄県のほか、全国の学術・研究都市が候補地だ。企業や大学が約3年にわたって次世代サービスの実験に取り組む。 総務省にとって、ユビキタス特区は電波の免許制度の抜本的見直しに向けた実験場。(8〜9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3290文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > その他(通信・ネットワーク・放送) > その他(通信・ネットワーク・放送)*
【記事に登場する企業】
総務省
update:19/09/24