日経ビジネス 2007/09/24号

時流超流・トレンド
不動産の活況を横目に強気と弱気が錯綜 暴落したREITのこれから

 「家主が次の更新でオフィス賃料をいきなり4割上げると言うんだよ」——。9月上旬、再開発が進む東京駅にほど近い、高層オフィスビルの30階に居を構えるコンサルティング会社の社長が、インタビュー中に思わずぼやいた。 入居するビルは、大手不動産系列の投資法人が運用するREIT(不動産投資信託)に組み込まれている優良物件。(10〜11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2826文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 不動産事業 > その他(不動産売買)
サービス・流通・生活・文化 > 金融・保険 > 金融商品・サービス
update:19/09/24