日経ビジネス 2007/09/24号

有訓無訓 人
現場こそ発想の宝庫 原点にある「価値」の源 太田 文雄[産業廃棄物処理事業振興財団顧問]

 財団にお世話になる前、東芝で40年余り、営業一筋に生きました。同志社高等商業から関西電気実業という会社に入社したのが1947(昭和22)年。ここが東芝の販売会社である東芝商事に吸収され、さらに東芝商事も東芝と合併するという転変の中で、いわばたたき上げて東芝の副社長まで務めさせていただきました。(1ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1430文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
産業廃棄物処理事業振興財団
update:19/09/24