日経ビジネス 2007/09/24号

編集長インタビュー 人
カール・W・スターン 氏[ボストン コンサルティング グループ会長] 「異能チーム」で熟考を

型破りな発想は、右脳を生かしたパターン認識から生まれてくる。様々な部門で経験を積んだ多様な人材をチームとして機能させることが重要。社員の自己実現を助ければ、求心力につながる。(聞き手は本誌編集長、 佐藤 吉哉) 問 日本企業の業績は復活しましたが、行きすぎた成果主義などの副作用で人材育成が置き去りにされた側面もあります。(42〜44ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4740文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
ボストン・コンサルティング・グループ
update:19/09/24