日経SYSTEMS 2007/10号

特集1 目指せ!残業ゼロの現場
PART2 気のゆるみをなくす 退社時刻の管理と目配りで適度なプレッシャーを保つ

ダラダラした気持ちのまま仕事を続けていると,残業は増えるばかり。必要なのは,適度なプレッシャーを保ち続けることである。退社時刻の予実管理,チーム内での相互の目配りという現場の工夫を紹介する。 気が乗らないままダラダラと仕事をするか,一心不乱に集中して仕事をするか。それによって,仕事のスピードに雲泥の差が生まれることは,誰しも経験的に知っているだろう。(31〜34ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4460文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 目指せ!残業ゼロの現場(21ページ掲載)
目指せ!残業ゼロの現場
特集1 目指せ!残業ゼロの現場(22〜24ページ掲載)
総論 「残業ゼロ」は不可能ではない今こそ3K職場から脱却しよう
特集1 目指せ!残業ゼロの現場(25〜26ページ掲載)
インタビュー
特集1 目指せ!残業ゼロの現場(27〜30ページ掲載)
PART1 手戻りをなくす 残業に直結する計画外の作業増関係者と合意形成し未然に防ぐ
特集1 目指せ!残業ゼロの現場(31〜34ページ掲載)
PART2 気のゆるみをなくす 退社時刻の管理と目配りで適度なプレッシャーを保つ
特集1 目指せ!残業ゼロの現場(35〜38ページ掲載)
PART3 無駄な作業をなくす 現場に潜む二度手間や重複掘り起こして「残業ゼロ」に
特集1 目指せ!残業ゼロの現場(39〜43ページ掲載)
PART4 偏りをなくす 特定の人・期間への負荷集中素早く検知し平準化する
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > IT関連スキルアップ・資格 > その他(IT関連スキルアップ・資格)*
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > その他(IT関連スキルアップ・資格)*
update:19/09/25