日経SYSTEMS 2007/10号

講座 Vista時代のクライアント管理術
第1回 Vistaの採用メリット より効率的な管理と内外の脅威からの保護を実現

Windowsの新版クライアントOSであるWindows Vistaが2007年1月に発売され,企業システムにおいてもVistaを採用するケースが出始めた。この連載では,クライアント管理の重要性が増す中で,管理コストを抑えるべく効率よくVistaマシンを管理する方策について解説する。第1回は,Vistaの採用メリットを示すとともに,Vista時代に管理者が実施すべきクライアント管理とは何かを説明する。(144〜149ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7976文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム運用管理 > IT資産管理*
update:19/09/25