日経ソリューションビジネス 2007/09/30号

特集 2009年、会計ショック!「進行基準」と
「進行基準」という怪物が襲う
2009年、会計ショック

内部統制への取り組みを急ぐソリューションプロバイダの前に、さらなる大きな課題が立ちはだかった。受託ソフトウエア開発の会計基準が、プロジェクトの進ちょく度に応じて収益や費用を計上する「工事進行基準」に一本化される時が迫っているのだ。2009年4月とされる適用開始までに残された時間は、わずか1年半。(26〜35ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8824文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 2009年、会計ショック!「進行基準」と(26〜35ページ掲載)
「進行基準」という怪物が襲う
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > システム開発手法
update:19/09/25