日経ソリューションビジネス 2007/09/30号

レポート 業界ウオッチ 基幹系の開発でも活躍する「Ruby」作り
基幹系の開発でも活躍する「Ruby」作り直しやアジャイル開発が容易に

今、システム技術者が最も熱い視線を注ぐ日本発の開発言語「Ruby」。Webサイト構築だけでなく、企業の基幹業務システムの開発にも活用するITサービス企業が登場した。狙いは「仕様が頻繁に変わる」といった顧客ニーズに応えることだ。 採用した理由を聞くと、「開発作業が楽しくなる」「技術者を幸せにする」と関係者が真顔で答える開発言語「Ruby」。(56ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2266文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > システム開発手法
情報システム > システム設計・開発 > プログラミング言語・開発ツール
update:19/09/25