日経ソリューションビジネス 2007/09/30号

乱反射 M&Aでミソを付けた日本ユニシス 前社長
M&Aでミソを付けた日本ユニシス前社長とのビジネス観の相違が焦点

 「顧客満足度の結果に利益が付いてくる。まず顧客の満足度を上げろと現場に指示した」。こう話すのは営業利益率10%を目標に掲げたNTTデータの山下徹新社長である。現場のパワーを全開にし、満足という名の顧客価値を上げてこそ利益がもたらされるという考えだ。ところが、この定理の証明は日本ユニシスを見ている限り、容易ではなさそうだ。(86ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1759文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
【記事に登場する企業】
日本ユニシス
update:19/09/25