日経ソリューションビジネス 2007/10/15号

連載 営業が知っておくべき運用管理のポイ 「標準化」の進展が新たなビジネスチャンス
「標準化」の進展が新たなビジネスチャンスを生み出す

従来のITシステムの運用は企業ごとに手法、用語などがバラバラであり、ともすれば属人的な作業となっていた。今この分野に、ITILやISO20000に代表される、グローバルスタンドードなプロセスが導入されようとしている。これは運用業務にとって画期的なことであり、ITサービス提供側に大きなビジネスチャンスを生み出すことになる。(54〜57ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4978文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > ビジネススキル・ノウハウ > 営業・販売・マーケティングスキル
情報システム > システム運用管理 > その他(システム運用管理)*
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > 営業・販売・マーケティングスキル
update:19/09/25