日経ものづくり 2007/11号

地方特集 北の大地で育つものづくりの強者 北日本精機
極小軸受で世界シェア7割コスト/精度で付加価値を追求
─北日本精機

北日本精機は,内径が数mm以下という極小軸受を中心に開発・生産するメーカーだ。外輪にフランジの付いたタイプや外輪の表面が丸みを帯びているたる型といった特殊な軸受,薄型軸受なども手掛ける(図1)。 現在,同社が生産する最小の軸受は,内径が0.6mm,外径が2.5mm,幅が1mmのタイプ。1998年から量産を開始した。(78〜79ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2123文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
地方特集 北の大地で育つものづくりの強者(72〜73ページ掲載)
北の大地で育つものづくりの強者
地方特集 北の大地で育つものづくりの強者(74〜75ページ掲載)
地域資源を背景に発展量産対応力の強化で進出企業へ食い込む
地方特集 北の大地で育つものづくりの強者 植松電機(76〜77ページ掲載)
高性能な電磁石で差異化ロケット開発にも挑戦
地方特集 北の大地で育つものづくりの強者 北日本精機(78〜79ページ掲載)
極小軸受で世界シェア7割コスト/精度で付加価値を追求
地方特集 北の大地で育つものづくりの強者 レーザーシステム(80〜81ページ掲載)
狙った幅と深さで溝を彫るビーム形状の工夫でダメージ抑制
地方特集 北の大地で育つものづくりの強者 札幌高級鋳物/田中工業/佐藤鋳工(82〜84ページ掲載)
難しい特殊鋼に特化し技術力磨く積極投資で量産力を強化
地方特集 北の大地で育つものづくりの強者 ニッコー(85〜86ページ掲載)
柔軟な発想で熟練の技を自動化温度制御や画像処理で世界初を連発
地方特集 北の大地で育つものづくりの強者 東洋農機(87〜88ページ掲載)
ジャガイモを傷付けない収穫機ユーザーに密着しニーズを満たす
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > その他(機械関連の設計・製造)
【記事に登場する企業】
北日本精機
update:19/09/26