日経ものづくり 2007/11号

新製品 RFID読み取り装置
複数タグの一括認識精度を改善価格は従来製品の半分以下に

「RFID読み取りゲート」は,生産現場や物流拠点において仕掛かり品などに取り付けられたRFIDを読み取るための装置。電波の反射を利用する機構の採用により,従来製品と比べて小型・軽量化した。複数のUHF帯RFIDに対応可能。UHF帯RFIDタグは,通信可能な距離が最大6mと広範囲な通信を実現できることから,生産や物流といった業務を効率化するための手段として使える。(192ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:704文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > RFID(ICタグなど) > ICタグ*
【記事に登場する企業】
NEC
update:19/09/26