日経ものづくり 2007/11号

新製品 レーザ加工機
3軸にリニアモータを採用加工時間を半減

「LC-3015F1NT」は,トーチ駆動の3軸にリニアモータを採用したレーザ加工機の新製品。リニアモータの摩耗がなく位置情報を正確にフィードバックできるという利点を生かし,位置決め精度±0.01mmを実現した。発振器の出力は4kWで,最大で3070×1550×25mmのワークを加工できる。早送り速度は120m/分。最大加工速度は60m/分。従来機に比べて加工時間を47%削減できたという。(200ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:407文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > 光デバイス製品・技術 > レーザー関連技術
【記事に登場する企業】
アマダ
update:19/09/26