日経SYSTEMS 2007/12号

特集1 システム・ダウン その時どうする
Part2 分からず,慣れず,時間がかかる現場を追い詰める三大要因対策
ユーザー企業の取り組み

Part1で見たように,システム障害が起こると現場は嵐のような事態になる。求められるのは,早く原因を特定し,ミスなく復旧作業を実施し,利用者に配慮すること。“いざ”というときに何をすればいいか,ユーザー企業の工夫を紹介する。 ひとたびシステム障害が発生すれば,現場のITエンジニアは精神的,肉体的に追い詰められる。何がITエンジニアを追い詰めるのか。(26〜33ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:10416文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 システム・ダウン その時どうする(21ページ掲載)
システム・ダウンその時どうする
特集1 システム・ダウン その時どうする(22〜25ページ掲載)
Part1 実録「システム・ダウン後」の現場ITエンジニアは追い詰められる
特集1 システム・ダウン その時どうする(26〜33ページ掲載)
Part2 分からず,慣れず,時間がかかる現場を追い詰める三大要因対策
特集1 システム・ダウン その時どうする(34〜35ページ掲載)
Part3 多数のエラーから“根本”を特定ノウハウ情報を蓄積して解析支援
特集1 システム・ダウン その時どうする(36〜41ページ掲載)
Part4 体系化した手順を障害別に用意事前準備が解析精度を上げる
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > システムトラブル
update:19/09/25