日経レストラン 2007/12号

特集1 050−052
サービス力を高める教育法「自分なら」を考えさせる

 飲食店に限らず、スーパー、デパート、美容院……と「自分がお客として接する」場面は多々ある。そんな中で、「良かった、うれしかったと感じたこと、逆に、イヤだったことを発表し合い、事例を共有するといい」とオージーエムコンサルティング・コンサルタントの影山秀郎さんは勧める。(50〜52ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3322文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 034−041(34〜41ページ掲載)
サービス力 検定
特集1 042−049(42〜49ページ掲載)
判定
特集1 050−052(50〜52ページ掲載)
サービス力を高める教育法「自分なら」を考えさせる
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > ビジネススキル・ノウハウ > ビジネススキル・ノウハウ一般
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > その他(食品・外食産業)
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ビジネススキル・ノウハウ一般
update:19/09/27