日経レストラン 2007/12号

短期集中パワーアップ講座
月額予算は月商の0.1〜0.3%飲食店ユーザーが多い業者を
携帯メールで販促 編 その3最終回

 まずはタイミングに合った販促内容の見極めだ。タイミングは4つに分けて考えるといい。(1)大型連休前、(2)給料後の週末、(3)給料前の週末、(4)平日─。このうち、最も販促効果が高いのが(1)。年末年始やゴールデンウイークといった長期の休みは、普段は来店できないような人々も連続して来てくれる大きなチャンス。(110〜111ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2318文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > レストラン・飲食店
update:19/09/27