日経メディカル 2007/12号

特集
癌診療はここまで進んだ 起こし、Part1総論

治療技術と医療供給体制の両面で、今最も動きのある「癌」。抗癌剤では分子標的薬に代表される新薬が次々に登場。放射線治療も、いくつかの癌では根治を目指せるようになってきた。外科では手技のさらなる低侵襲化が進む。癌の性質や患者の希望に合わせた治療の個別化も進行中だ。一方、がん対策基本法の施行を背景に、地域における癌診療の組織化が始まろうとしている。(56〜59ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2576文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
update:19/09/27