日経コンストラクション 2008/01/25号

NEWS 焦点
世界初、実大橋脚の震動破壊実験始まる
定着していない帯鉄筋がコンクリートの損傷を促進

実物大のRC橋脚を震動台に載せて、兵庫県南部地震の地震波で震動させる世界初の実験が、実大三次元震動破壊実験施設「E-ディフェンス」で2007年12月から始まった。従来の小型模型を使った実験との比較を表す「寸法効果」の解明が焦点となる。曲げ破壊タイプの橋脚を使った今回の実験では、新しい動的解析モデルの必要性が判明した。(26〜29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4011文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建設資材・設備 > 建築資材
建設・不動産 > 建設・建築 > 建築資材
update:19/09/27