日経コンストラクション 2008/01/25号

NEWS 時事
フォレステックが“談合倒産”罰金や課徴金などが経営を圧迫

 建設コンサルタントのフォレステック(東京都三鷹市)が、2007年12月21日に東京地方裁判所へ自己破産を申請し、同月26日に破産手続き開始決定を受けた。民間信用調査機関の帝国データバンクによると負債総額は約4億7800万円。 同社は、緑資源機構が発注した林道測量業務の官製談合にかかわったとして2007年11月、独占禁止法違反で有罪判決を受け、刑が確定した。(31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:411文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 倒産・解散
建設・不動産 > 建築トラブル > その他(建築トラブル)
【記事に登場する企業】
フォレステック
update:19/09/27