日経コンストラクション 2008/01/25号

NEWS プロジェクト
JR東海が自己負担でリニア新幹線建設へ
5.1兆円を投じて2025年開業目指す

 JR東海は2007年12月25日、首都圏と中京圏を結ぶ中央新幹線を全額自己負担で建設する方針を発表した。車両の製作費などを含めた総事業費は5兆1000億円。路線延長は約290 kmを計画している。2025年の開業を目指す。超電導磁気浮上方式のリニアモーターカーで運行し、最高時速は500km。東京と名古屋を約40分で結ぶ。現在、同区間の東海道新幹線の所要時間は最速約1時間40分だ。(36ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:795文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 土木事業・事例
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木事業・事例
ビズボードスペシャル > 事例 > 土木事業・事例
【記事に登場する企業】
JR東海
update:19/09/27