日経コンピュータ 2008/02/01号

特集1 SOA導入が進まぬ理由
ものづくり偏重の発想を捨てよ
【元CIOからの緊急提言】

企業にビジネス・テクノロジが浸透していく過程では、システム部門の役割も大きく変化する。今後のシステム部門のあるべき姿について、KDDIのCIO(最高情報責任者)だった繁野高仁氏と米ファイザーの元CTO(最高技術責任者)だった矢坂徹氏、そしてガートナー・ジャパンの山野井聡リサーチグループ バイスプレジデントの3人による、緊急座談会を開いた。(56〜59ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4974文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 SOA導入が進まぬ理由(46〜47ページ掲載)
SOA導入が進まぬ理由
特集1 SOA導入が進まぬ理由(48〜51ページ掲載)
テクノロジが全体最適を求める
特集1 SOA導入が進まぬ理由(52〜55ページ掲載)
ビジネス・テクノロジを身に付けよ
特集1 SOA導入が進まぬ理由(56〜59ページ掲載)
ものづくり偏重の発想を捨てよ
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > その他(システム設計・開発)
【記事に登場する企業】
KDDI
米ファイザー社
update:19/09/24