日経コンピュータ 2008/02/15号

ニュース&トレンド RFID最前線
バーコード代替から脱却 大容量タグが実用化、航空機部品に適用へ

大容量メモリーを備える無線ICタグが、まもなく実用化される。航空機の部品に取り付けられ、長期間にわたる保守履歴をICタグ内部に記録する。IDだけを記録するバーコード代替とは全く異なる領域にICタグの用途が拡大する端緒となる。 これまでのICタグが内蔵するメモリーはおおむね16バイト、最大でも256バイト前後だった。(23ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1365文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > その他乗り物製造 > 飛行機・ロケット
情報システム > RFID(ICタグなど) > ICタグ*
update:19/09/24