日経コンストラクション 2008/02/22号

NEWS 時事
経審を14年ぶりに大幅改正
完工高のウエートを引き下げて利益面を重視

 国土交通省は2008年4月1日に経営事項審査(経審)を大幅に改正する。1994年以来の大改正だ。完工高のウエートを引き下げて利益面のウエートを高めるほか、経営や技術力、社会性の評価軸も大きく見直す。 経審は完工高を示すX1点と利益面の健全性を評価するX2点、企業の財務面の健全性を評価するY点、技術力を評価するZ点、社会的な責任の果たし方によって差がつくW点で構成される。(11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:981文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 規格・法令・資格(建設・不動産) > 建設・不動産関連の規格・法令
ビズボードスペシャル > 法令 > 建設・不動産関連の規格・法令
【記事に登場する企業】
国土交通省
update:19/09/27